Go to Contents Go to Navigation
映像

≪廃業、5倍以上の2137店≫

 新型コロナウイルス感染拡大のあおりを受け、韓国で昨年、カラオケボックスの開業数が過去最低となった。

 不動産市場動向の分析などを行う商街情報研究所が行政安全部の統計を分析した結果、昨年全国で開業したカラオケボックスは389店で、関連統計を取り始めた1987年以降最も少なかった。

 一方、昨年廃業したカラオケボックスは2137店で2007年(2460店)に次ぐ多さだった。

 廃業数を地域別にみると、京畿道が524店で最も多く、ソウル、釜山、大邱と続いた。

 (2021年1月19日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。