Go to Contents Go to Navigation
映像

≪23四半期連続で赤字≫

 韓国のLG電子が、23四半期連続で赤字のスマートフォン(スマホ)事業について売却も含めて検討している。

 同社の権峰ソク(クォン・ボンソク)社長は20日、社員に宛てた電子メールでスマホを含むモバイル事業に関し、「現在と未来の競争力を冷静に判断し、ベストな選択をすべき時期だとみている」とし、縮小、売却、維持など「あらゆる可能性を念頭に事業の運営方向を綿密に検討している」と明らかにした。

 スマホ事業を担当する同社のモバイル・コミュニケーションズ(MC)事業本部は、2015年4~6月期から20年10~12月期にかけ23期連続で営業赤字を計上している。20年末までの営業赤字は累計5兆ウォン(約4700億円)に達する。

 (2021年1月21日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。