Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪順法監視委員会の活動支援「続行」≫

 韓国のサムスン電子は21日、サムスングループ経営トップで18日に再収監された李在鎔(イ・ジェヨン)同社副会長が、サムスングループが設置した外部委員らによる監視機関である順法監視委員会の活動を「引き続き支援していく」などとするメッセージを出したと発表した。

 前大統領の朴槿恵(パク・クネ)氏らへの贈賄罪などに問われた李氏は、18日の差し戻し控訴審で懲役2年6カ月の実刑判決を言い渡され、再収監されている。弁護人を通じて収監後初のメッセージを出した。

 差し戻し控訴審判決で高裁は、サムスングループの順法監視委員会について、一定の評価をしつつも実効性がなく、今後発生し得る違法行為を監視する活動まではできないと指摘していた。

 このため順法監視委員会を続ける根拠が弱まったとの見方も出ていたが、李氏は続行の意向を示した。

 (2021年1月22日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。