Go to Contents Go to Navigation
最新映像

≪最も重い処分≫

 韓国の第2野党で革新系の「正義党」が、同党の女性国会議員にセクハラをしたことを認めて党代表を辞任した金鍾鉄(キム・ジョンチョル)氏を除名処分にした。

 正義党は28日夜に中央党紀委員会を開き、金氏の除名を決定した。一般党員に比べ高い倫理性が求められ、社会的影響力が非常に大きいにもかかわらず代表としての義務と責任を怠ったことを除名の理由に挙げた。

 金氏が党代表を辞任してから3日で、最も重い懲戒処分の党籍剥奪(除名)が決まった。

 正義党は金氏のセクハラの事実が明らかになると、代表の職を解くとともに懲戒などを決める中央党紀委員会に処分を委ねた。

 (2021年1月30日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。