Go to Contents Go to Navigation
最新映像

≪新型コロナ影響≫

 韓国統計庁が29日発表した2020年の産業活動動向によると、全産業(農林漁業除く)の生産は前年比0.8%減少した。00年の統計開始以来、初めてマイナスを記録した。新型コロナウイルス感染拡大が広い範囲で影響を及ぼした。

 製造業を含む鉱工業生産は、自動車などが不振だったものの半導体などが伸び、0.4%増加した。一方でサービス業生産は金融・保険、不動産業が伸びたものの、運輸業と宿泊・飲食店業の不振により、2.0%減少した。

 20年12月をみると、産業生産と消費、設備投資がそろって前月より改善したが、新型コロナの防疫対策「社会的距離の確保」強化を受けてサービス業生産は1.1%減少した。

 (2021年1月29日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。