Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪バイデン氏就任後初≫

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領とバイデン米大統領は4日午前に電話会談を行い、朝鮮半島の非核化と恒久的な平和定着に向け緊密に協力していくことで一致した。両首脳の電話会談は先月20日のバイデン大統領の就任後、初めて。

 青瓦台(大統領府)によると、バイデン大統領は朝鮮半島問題の解決における主要当事国である韓国の努力を評価し、「韓国と同じ立場が重要であり、韓国と共通の目標に向けて緊密に協力していく」と述べた。

 両首脳はまた、できるだけ速やかに包括的な対北朝鮮戦略を策定する必要があるとの認識で一致したという。

 あわせて、韓米両国が「域内の平和と繁栄における中核的同盟」関係にあることを確認し、包括的な戦略同盟へ発展させていくことを申し合わせた。

 新型コロナウイルスの感染状況が落ち着き次第、首脳会談を行うことも確認した。

 (2021年2月4日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。