Go to Contents Go to Navigation
最新映像

≪ソフトバンクグループも出資≫

 日本のソフトバンクグループも出資している韓国電子商取引(EC)大手クーパンが11日(米東部時間)、米ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場した。初日の終値は1株当たり公開価格(35ドル=約3800円)を40.7%上回る49.25ドルだった。

 クーパンの上場初値は公開価格の81.4%高となる63.50ドルをつけ、取引時間中に一時69.00ドルまで上昇した。その後、上げ幅を縮小し、50ドル手前で引けた。

 ヤフーファイナンスによると、クーパンの時価総額は終値ベースで886億5000万ドルに上った。

 クーパンは45億5000万ドルを調達したとみられる。ブルームバーグ通信などによると、米国での新規株式公開(IPO)で、クーパンは2019年の米ウーバー、海外企業としては14年の中国・アリババ集団以来の大型案件となった。

 (2021年3月12日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。