Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪流通・ネットで提携強化≫

 韓国の小売り大手、新世界グループとインターネットサービス大手のNAVER(ネイバー)がそれぞれ2500億ウォン(約240億円)を出資し、資本業務提携を行う契約を結んだ。

 新世界グループのスーパー大手、イーマートが1500億ウォン分、新世界が1000億ウォン分をそれぞれネイバーと株式交換する。これに伴い、イーマートは同社株82万4176株(持ち株比率2.96%)をネイバー株38万9106株(同0.24%)と、新世界は新世界インターナショナル株48万8998株(同6.85%)をネイバー株25万9404株(同0.16%)とそれぞれ交換する予定だ。

 新世界とネイバーは実店舗と電子商取引(EC)の領域拡大、流通面での競争力強化、新技術による新規サービス開拓など流通の全分野で協力を強化する。

 (2021年3月17日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。