Go to Contents Go to Navigation
北朝鮮

≪自国民の米国引き渡しで≫

 北朝鮮が、マネーロンダリング(資金洗浄)に関わったとして自国民を米国に引き渡したマレーシアとの外交関係断絶を宣言した。米国に対しても相応の代価を払うことになると警告した。

 北朝鮮外務省は19日、朝鮮中央通信を通じた声明で、マレーシアが無実の自国民を犯罪者として米国に強圧的に引き渡す犯罪行為を犯したと主張しながら「特大型の敵対行為を強行した」と非難。そのうえで、マレーシアとの断交を宣言した。

 同国が米国に引き渡した人物は50代の男、ムン・チョルミョン氏。米連邦捜査局(FBI)は男が対北朝鮮制裁に反し、ペーパーカンパニーを通じた資金洗浄を行ったとして、マレーシアに身柄の引き渡しを要請した。

 (2021年3月19日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。