Go to Contents Go to Navigation
最新映像

≪固体燃料エンジンの信頼性確認≫

 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は26日、前日に国防科学院が新型戦術誘導弾の発射実験を実施したと伝えた。北朝鮮は25日朝、東部の咸鏡南道・咸州付近から朝鮮半島東側の東海上に向けて短距離弾道ミサイル2発を発射している。

 同紙によると、新型戦術誘導弾2発は東海上の600キロ離れた目標を正確に打撃したといい、「(実験は)予想通り、成功裏に行われた」と伝えた。

 国防科学院は新型戦術誘導弾について、弾頭重量は2.5トンとした上で、発射実験により改良された固体燃料エンジンの信頼性を確認したと説明した。

 (2021年3月26日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。