Go to Contents Go to Navigation
最新映像

≪感染者数500人前後に「懸念」≫

 韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は28日、新型コロナウイルス感染症対応を話し合う中央災難(災害)安全対策本部の会議で、「週末にもかかわらずきのうときょう、感染者数が500人前後となり、(感染拡大が)懸念される」と述べた。その上で、「29日から全ての施設で基本防疫規則が義務化されるため、履行力を最大限引き上げてほしい」と指示した。

 政府は26日、全ての施設で管理者と従事者、利用者が守らなければならない基本防疫措置を強化すると発表した。従来は施設に出入りする際、代表者1人が名簿を作成するだけでもよかったが、今後は全利用者の名簿作成を義務付ける。

 また丁首相は、「新型コロナワクチン接種のスピードを上げるべき4~6月期に流行の『第4波』が現実化すれば日常の回復の夢も遠のく」と述べ、警戒心を緩めないよう重ねて訴えた。

 (2021年3月29日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。