Go to Contents Go to Navigation
映像

≪5閣僚も交代≫

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は16日、丁世均(チョン・セギュン)首相の後任に金富謙(キム・ブギョム)元行政安全部長官(63)を指名し、国土交通部長官ら5閣僚を入れ替える内閣改造を行った。兪英民(ユ・ヨンミン)大統領秘書室長が発表した。

 文大統領は国土交通部長官に盧炯旭(ノ・ヒョンウク)前国務調整室長を起用。また産業資源部長官には文勝ウク(ムン・スンウク)国務調整室第2次長、科学技術部長官には林恵淑(イム・へスク)国家科学技術研究会理事長、雇用労働部長官には安庚徳(アン・ギョンドク)経済社会労働委員会常任委員、海洋水産部長官には朴俊泳(パク・ジュンヨン)同部次官をそれぞれ指名した。

 金富謙氏が国会人事聴聞会と任命同意を経て就任すれば、文在寅政権で李洛淵(イ・ナギョン)氏、丁世均(チョン・セギュン)氏に続く3人目の首相となる。

 2000年の総選挙に当時の保守系与党「ハンナラ党」(現最大野党「国民の力」)から出馬して国会議員に初当選した金富謙氏は革新色が強く同党になじめなかった。03年の「開かれたウリ党」(現与党「共に民主党」)の結党を機に盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領らと行動を共にすることになった。

 故郷の慶尚北道・尚州に近い大邱市から12年の総選挙と14年の市長選に出馬したが、保守派の牙城で当選できなかった。だが16年の総選挙では大邱から4回目の国会議員当選を果たした。

 (2021年4月16日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。