Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪1位はハイネケンに≫

 韓国で日本のアサヒビールを輸入販売するロッテアサヒ酒類の2020年の売上高が、日本製品の不買運動のあおりで2年前と比べ8割以上落ち込んだことが分かった。

 金融監督院によると、同社の売上高は18年の1248億ウォン(121億円)から19年は623億ウォンへと半減した。同年は日本政府による対韓輸出規制強化を受け韓国で日本製品の不買運動が広がった。20年はさらにそこから72.2%落ち込み173億ウォンとなった。2年間で売上高は86.1%減少した。

 アサヒビールは韓国に輸入されるビールでブランド別1位だったが、オランダのハイネケンに首位の座を譲った。

 (2021年4月19日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。