Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪国内では使用せず全量輸出≫

 韓国で来月からロシア製の新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」の生産が始まる。

 韓国バイオ企業のGLラファなどはロシアの政府系ファンドと同ワクチンの生産契約を結んでおり、5月から生産を開始する予定だ。

 ただ、先産された全量は輸出される。同ワクチンは韓国食品医薬品安全処の使用許可を得ていないため、国内ではまだ使用できない。

 (2021年4月21日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。