Go to Contents Go to Navigation
エンタメ&スポーツ

≪韓国人で初≫

 第93回アカデミー賞の授賞式が25日(日本時間26日)に米ロサンゼルスで開かれ、米映画「ミナリ」に出演した韓国の女優ユン・ヨジョン(73)が助演女優賞を受賞した。韓国の俳優が男優・女優賞を受賞するのは初めて。昨年、ポン・ジュノ監督の「パラサイト 半地下の家族」が外国語映画としては史上初の作品賞をはじめ4冠に輝いたのに続く快挙となった。

 アジア系俳優の助演女優賞獲得は、1958年に米ハリウッド映画「サヨナラ」(1957年)のナンシー梅木(ミヨシ・ウメキ)が受賞して以来、63年ぶりとなる。

 「ミナリ」は韓国系米国人のリー・アイザック・チョン監督が自身の体験を下敷きに、1980年代に希望を求めて米国に移住した韓国人一家の物語を描いた作品。ユン・ヨジョンは娘夫婦と孫を手助けするため韓国から来たスンジャを演じた。

 ユン・ヨジョンはアカデミー賞に先立ち、英国アカデミー賞と全米映画俳優組合(SAG)賞の助演女優賞をそれぞれ受賞し、米アカデミー賞の最有力候補に挙げられていた。

 受賞のスピーチでユン・ヨジョンは「信じられない」と話しながら、リー・アイザック・チョン監督をはじめとする「チームミナリ」のメンバーらに対する謝意を表した。

 自身の映画デビュー作「火女」(1971年)のキム・ギヨン監督についても言及。「存命であれば受賞を喜んでくださっただろう」と語った。

 ユン・ヨジョンは「ミナリ」を製作した会社の設立者で俳優のブラッド・ピットに名前を呼ばれて舞台に立った。同作は作品賞や監督賞など6部門にノミネートされていたが、受賞は助演女優賞だけだった。

 最高の栄誉とされる作品賞には中国出身のクロエ・ジャオ監督の「ノマドランド」が輝いた。

 一方、授賞式ではポン・ジュノ監督がオンラインで監督賞のプレゼンターを務めた。

 (2021年4月26日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。