Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪スマホ・家電が好調≫

 韓国のサムスン電子が29日発表した1~3月期の連結決算によると、本業のもうけを示す営業利益は9兆3829億ウォン(約9200億円)で前年同期比45.5%増加した。売上高は同18.2%増の65兆3885億ウォン。半導体部門が低調だったが、スマートフォン(スマホ)や家電などがけん引し、売上高は1~3月期として過去最高を記録した。

 部門別の営業利益をみると、スマホ事業を担うIT・モバイル(IM)部門が4兆3900億ウォンと最も大きい。テレビと生活家電を扱う消費者家電(CE)部門は1兆1200億ウォンで、1~3月期の最高記録を更新した。

 一方、半導体部門の営業利益は3兆3700億ウォンにとどまった。米テキサス州にある半導体ファウンドリー(受託生産)工場が寒波の影響で生産を一時停止したことなどが響いた。

 (2021年4月29日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。