Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪両国関係や国際情勢など議論≫

 韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官は9日夜、中国の王毅国務委員兼外相と電話会談し、両国関係や朝鮮半島問題、地域・国際情勢などについて話し合った。

 韓国外交部によると、両氏は約1時間の電話会談で両国の協力事案の推進状況を点検するとともに、韓中関係発展のため引き続き努力することを申し合わせた。

 また、新型コロナウイルスの感染状況が安定し次第、習近平国家主席が早期に訪韓できるよう意思疎通を続けることで一致した。

 今回の電話会談を巡っては、11~13日に英国で開かれる主要7カ国(G7)首脳会議で対中対抗策が議論される可能性があるとされる中、王氏がこれに対応するため行われたとの見方も出ている。

 (2021年6月10日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。