Go to Contents Go to Navigation
北朝鮮

≪「アジア版ナチズム犯罪国家」≫

 北朝鮮の公式ウェブサイト「わが民族同士」が、東京五輪競技場内への旭日旗持ち込みが禁止されていないことや同五輪・パラリンピック大会組織委員会の公式ホームページの日本地図に独島が表示されていること、1936年ベルリン五輪の男子マラソンで金メダルを獲得した孫基禎(ソン・ギジョン、1912~2002)が日本の五輪博物館で日本人メダリストと誤解されかねない形で紹介されていることなどを指摘しながら、日本が五輪を政治的に悪用していると非難した。

 同サイトは、これらに言及しながら日本が不純な政治的野望の実現のために五輪を悪用しようとする「アジア版ナチズム犯罪国家」だと主張した。

 その上で、五輪の基本理念はどこへ行ってしまったのかと嘆き、日本の歴史歪曲(わいきょく)と領土強奪の野望、血にまみれた侵略の歴史に対する美化だけが幅を利かせていると批判した。

 (2021年7月1日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。