Go to Contents Go to Navigation
北朝鮮

≪金日成主席の命日に≫

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)が、金日成(キム・イルソン)主席の死去27年に合わせ党幹部らと共に金主席の遺体が安置されている錦繍山太陽宮殿を参拝し、身辺異常説を一掃した。

 朝鮮中央通信は8日、金正恩氏が同日の金主席の命日に合わせ党中央委員会政治局、党中央指導機関のメンバーと同宮殿を訪問したと報じた。

 金正恩氏に同行した幹部の名前などは公開しなかった。

 韓国情報機関の国家情報院(国情院)は7日、一部で取り沙汰されている北朝鮮の金正恩氏の身辺異常説について、「根拠のないものと判断している」と否定しており、参拝はこれを裏付けるものになる。

 (2021年7月8日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。