Go to Contents Go to Navigation
映像

≪規定改正を閣議決定≫

 韓国で祝日が土曜日、日曜日の場合に振り替え休日となる祝日の指定対象を拡大する「官公庁の公休日に関する規定」の改正案が3日、閣議決定された。これまでは秋夕(中秋節)、旧正月、こどもの日のみだった振り替え休日の指定対象は日本による植民地支配に抵抗して1919年に起きた独立運動の記念日「三・一節」(3月1日)、植民地支配からの解放記念日「光復節」(8月15日)、建国記念日の「開天節」(10月3日)、ハングルの日(10月9日)に拡大される。

 大統領の承認を得て、4日から効力が生じる。今年は光復節と開天節、ハングルの日の翌日(ハングルの日は翌々日)である8月16日、10月4日、同11日が振り替え休日となる。

 (2021年8月3日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。