Go to Contents Go to Navigation
映像

≪接種完了者7割で日常の回復へ≫

 韓国保健福祉部の権徳チョル(クォン・ドクチョル)長官は14日、世宗の政府庁舎で記者団に対し、新型コロナウイルスワクチンの接種目標を国民の80%までに引き上げ、接種完了者が70%を超えれば段階的に日常の回復に向かっていくとの方針を示した。

 権氏は国民の80%、18歳以上の90%への接種完了に向け日程を早めていくと表明。10月末までに国民の70%への接種を完了するとの目標の早期達成に期待を示した上で、これ以降は段階的に日常の回復に向かわざるを得ないと説明した。

 現在、保健福祉部の中央事故収拾本部と疾病管理庁で専門家の意見をまとめており、段階的な日常の回復に向けた方策を立てているという。

 (2021年9月15日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。