Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪新型コロナウイルス対策巡るサミットで表明≫

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は23日、新型コロナウイルスの対策を話し合うサミット(首脳会議)で、新型コロナが人類を危機に追い込んだが人類はいつになく連帯し、より良い回復と再建のために創造的な方策を模索しているとの認識を示しながら「韓国はいつでも国際社会と協力する」と表明した。

 同会議はバイデン米大統領が主催した。オンライン形式で開かれ、文大統領はビデオメッセージを寄せた。

 文大統領は、韓国がワクチンの公平な分配を目指す国際的な枠組み「COVAX(コバックス)」に2億ドル(約220億円)の供与を約束し、韓米ワクチンパートナーシップに基づき4種類のワクチンを受託生産していると強調した。

 (2021年9月23日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。