Go to Contents Go to Navigation
北朝鮮

≪国家安保室長から報告受け≫

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は28日、北朝鮮の同日朝のミサイル発射について、「最近の北の談話やミサイル発射状況を総合的かつ綿密に分析し、対応策を講じてほしい」と指示した。徐薫(ソ・フン)国家安保室長から北朝鮮のミサイル発射と国家安全保障会議(NSC)常任委員会会議の結果について報告を受けた席で述べた。

 ミサイル発射を受け、韓国政府はこの日午前にNSC常任委員会の緊急会議を開催し、1時間15分にわたり対応策を協議。朝鮮半島情勢の安定が非常に重要な時期に行われた発射だとして遺憾を表明した。

 韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は同日午前6時40分ごろ、北西部の慈江道舞坪里付近から朝鮮半島東の東海に向けて短距離ミサイルとみられる飛翔体1発を発射した。

 (2021年9月28日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。