Go to Contents Go to Navigation
北朝鮮

≪「南北関係、韓国の態度次第」≫

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)は29日の最高人民会議(国会に相当)2日目に施政演説を行い、「北南(南北)関係が一日も早く回復し、朝鮮半島に強固な平和が訪れることを望む民族の期待と念願を実現するための努力の一環として、まず10月初旬から関係悪化で断絶した北南通信連絡線を再び復旧させる」と表明した。朝鮮中央通信が30日伝えた。

 金正恩氏は南北関係が回復するか、それとも今のような悪化した状態が続くかは「南朝鮮(韓国)当局の態度にかかっている」と強調。韓国を挑発する目的も理由もなく、危害を与える考えがないとし、「南朝鮮は北朝鮮の挑発を抑止しなければならないという妄想と危機意識、被害意識から脱しなければならない」と主張した。

 (2021年9月30日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。