Go to Contents Go to Navigation
最新映像

≪「非核化交渉が進めば制裁緩和も議論すべき」≫

 韓国青瓦台(大統領府)の徐薫(ソ・フン)国家安保室長は11日(米東部時間)、米ワシントン近郊のレーガン空港に到着し、記者団に「南北の連絡チャンネルが再び復旧しており、(米側と)南北関係や朝米(米朝)関係を点検し、全般的な協議が必要な時期」と述べた。

 対北朝鮮制裁の緩和問題については、「非核化交渉が進められれば制裁緩和問題も議論しなければならない」とし、「全般的に踏み込んで議論する」と話した。

 (2021年10月12日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。