Go to Contents Go to Navigation
映像

≪国連安保理会合をけん制≫

 北朝鮮の外務省報道官は21日、北朝鮮の19日の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)発射実験を受けて国連安全保障理事会が非公開会合を開くことに強い懸念を示した。

 同報道官は朝鮮中央通信のインタビューに答える形で、「米国が主権国家の固有かつ正当な自衛権の行使に非正常的な反応を見せている」として国連安保理の会合開催に言及。北朝鮮の主権が妨げられない限り朝鮮半島は緊張状態にならないと主張しながら「米国と追従勢力が是が非でも誤った行動を選択するならば、より厳重で深刻な結果を招く触媒になりかねない」と警告した。

 (2021年10月21日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。