Go to Contents Go to Navigation
最新映像

≪死去から24年、被害証言の意味振り返る≫

 米紙ニューヨーク・タイムズはこのほど、おくやみ欄で1997年12月に死去した旧日本軍慰安婦被害者である韓国人女性、金学順(キム・ハクスン)さんの死を伝えた。

 金さんは1991年8月14日に韓国で初めて、旧日本軍慰安婦としての被害を公の場で証言した。ニューヨーク・タイムズは紙面を大きく割き、金さんの人生と証言の意味を振り返った。

 同紙は、きちんと報道できなかった注目すべき人物の死亡記事を通じ、その人生にスポットライトを当てるシリーズを掲載している。2018年3月には韓国の独立運動家、柳寛順(ユ・グァンスン、1920年死去)の記事を掲載している。

 金さんの死去から24年を経た記事で、米国をはじめとする全世界の読者に慰安婦被害者問題をあらためて提起した。

 (2021年10月27日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。