Go to Contents Go to Navigation
最新映像

≪ドレイク、ジャスティン・ビーバー抑え≫

 音楽配信最大手スポティファイが2日に公開した2021年の「スポティファイまとめ」によると、今年世界でストリーミング再生回数が多かったアーティストの3位に、韓国の人気グループBTS(防弾少年団)がランクインした。

 「世界で最も再生されたアーティスト」で、BTSはトップ5に韓国アーティストで唯一入り、ドレイク(4位)とジャスティン・ビーバー(5位)を上回った。

 一方、BTSは米ロサンゼルスでのコンサートなどのため米国滞在中だが、韓国政府が新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の流入を防ぐため3日から2週間、全入国者に10日間の自主隔離を義務付けることに伴い、11日にソウル近郊で開催される音楽授賞式「2021 Mnet Asian Music Awards(MAMA)」に会場で出演できなくなった。

 (2021年12月3日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。