Go to Contents Go to Navigation
映像

≪16日までは周知期間≫

 韓国で10日から、百貨店や大型スーパーなど大規模店舗約2300店に入店する際、新型コロナウイルスのワクチン接種完了やPCR検査の陰性を証明する「防疫パス」の提示が義務付けられる。

 ワクチン接種完了者は入店時にスマートフォンに表示したQRコードの接種証明などをかざし、未接種者はPCR検査の陰性確認書を提示する。

 医学的理由で防疫パスを取得できない人は例外確認書が必要となる。

 防疫当局は現場の混乱などを踏まえて16日までの1週間を周知期間とし、17日からは違反時に過料や行政処分を科す。

 また10日からは防疫パスの有効期間(6カ月)が適用される。ワクチンの2回目接種(米ヤンセンファーマ製は1回目接種)後、14日が経過した日から6カ月(180日)が過ぎると防疫パスが無効になる。

 (2022年1月10日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。