Go to Contents Go to Navigation
映像

≪本格的な感染拡大受け≫

 韓国保健福祉部の中央事故収拾本部は19日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」に感染した人も同日から在宅治療(自宅療養)を認める方針を発表した。

 これまではオミクロン株の地域への拡大を防ぐため、オミクロン株の感染者は無症状でも原則的に病院か生活治療センターに入院・入所させてきた。だが、オミクロン株の感染拡大が本格化していることを受け、デルタ株の感染者と同様に在宅治療を認めた。

 これにより、病院と生活治療センターの入院・入所対象は重症化するリスクのある高齢層と基礎疾患者になる。

 同本部は在宅治療者に対し、「必ずKF94マスク(国内規格を満たす保健用マスク)を着用し、定期的に換気してほしい」と呼びかけた。

 (2022年1月19日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。