Go to Contents Go to Navigation
北朝鮮

≪金正恩氏が文大統領の努力を評価≫

 退任まで半月となった韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)と親書を交換した。韓国青瓦台(大統領府)の朴ギョン美(パク・ギョンミ)報道官が発表した。詳細は22日午前に説明するという。

 北朝鮮の朝鮮中央通信は22日、文大統領が20日に送った親書に対し、金正恩氏が21日に返信したと報じた。

 同通信は、「(文大統領が)退任後も南北共同宣言などが統一の土台となるよう心を共にする意思を表した」とし、これに対し金氏は「任期の最後まで民族の大義のため心を尽くしてきた文大統領の苦悩と労苦を高く評価した」と伝えた。

 また、両氏は希望を持ってお互いが努力を続ければ南北関係が改善・発展するとの意見で一致したという。

 (2022年4月22日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。