Go to Contents Go to Navigation
北朝鮮

≪国の利益が侵奪されれば核兵器の使用決行も≫

 北朝鮮の朝鮮中央通信は26日、朝鮮人民革命軍(抗日遊撃隊)創建90年を記念する閲兵式(軍事パレード)が25日に開かれ、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)が演説したと報じた。金氏は国の利益が侵奪される場合、核兵器の使用を決行できるとの姿勢を強調した。

 同氏は「核武力の基本使命は戦争を抑止することだが、決して望まない状況が形成される場合、核が戦争防止という一つの使命にのみ縛られているわけにはいかない」と述べた。

 さらに「核武力を最大の急速度で強化するための措置を引き続き取っていく」と強調した。

 そのうえで、あらゆる手段で核戦闘能力を発揮できるようになるべきだとし、いつでも稼働させられるよう徹底した準備を指示した。

 (2022年4月26日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。