Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪コロナ損失補償に向けた補正予算≫

 韓国政府と与党「国民の力」が11日、尹錫悦(ユン・ソクヨル)新政権で初の政府・与党協議を開き、新型コロナウイルスの流行で損失を受けた小規模事業者や自営業者370万人を対象に1人当たり最低600万ウォン(約60万円)を給付することで合意した。

 与党幹部によると、政府と同党は自営業者らの損失の補償に向けた2022年度(1~12月)第2次補正予算案について話し合い、給付額などを決めた。尹政権では初めて、今年2回目となる補正予算の規模は33兆ウォン以上となるという。

 また与党は旅行業、航空運送業を支援対象に含めるほか、損失補償の補償率や四半期別の最低給付額の引き上げを政府に求めたという。

 補正予算案は12日の臨時閣議での決定を経て、13日に国会に提出される予定だ。

 (2022年5月11日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。