Go to Contents Go to Navigation
映像

≪緊密な連携で一致≫

 韓国の李鐘燮(イ・ジョンソプ)国防部長官が18日、就任後初めて米国のオースティン国防長官と電話会談し、北朝鮮が繰り返す弾道ミサイル発射実験など懸案について議論した。韓国国防部が伝えた。

 両氏は朝鮮半島情勢の厳しさを共有するとともに、緊密な韓米連携が重要との認識で一致した。

 北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、核実験の準備を進めていることについては、国際平和と安全を深刻に脅かす挑発行為だと断じて強く非難した。

 李氏は韓米連合防衛体制強化の一環として米国の戦力兵器の朝鮮半島への巡回配備の重要性を強調したという。

 (2022年5月19日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。