Go to Contents Go to Navigation
エンタメ&スポーツ

≪1分44秒47で自らの韓国記録を更新≫

 水泳の世界選手権第3日は20日、ハンガリーのブダペストで行われ、競泳の男子200メートル自由形決勝で韓国の黄宣優(ファン・ソヌ)が1分44秒47の韓国新記録で銀メダルを獲得した。韓国選手としては朴泰桓(パク・テファン)に次いで2人目の水泳世界選手権のメダリストとなった。

 黄は昨年の東京五輪予選で自身がマークした韓国記録(1分44秒62)を1年足らずで0.15秒縮めた。金メダルはルーマニアのダビッド・ポポビッチ(1分43秒21)が獲得した。

 韓国選手が長水路(50メートルプール)の世界選手権競泳でメダルに輝くのは朴泰桓以来。朴は2007年に400メートル自由形で金メダル、200メートル自由形で銅メダルを獲得。2011年の大会では400メートル自由形で再び金メダルに輝いた。

 (2022年6月21日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。