Go to Contents Go to Navigation
映像

≪党中央軍事委拡大会議で討議≫

 北朝鮮が前線部隊の作戦任務を追加し、作戦計画を修正することが明らかになった。

 北朝鮮の朝鮮中央通信23日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)が21日に続いて22日も党中央軍事委員会第8期第3回拡大会議の司会を務めたと報じた。

 同通信は「党の軍事戦略的企図により朝鮮人民軍の前線部隊の作戦任務追加を確定し、作戦計画の修正や主要軍事組織の再編と関連した問題を討議した」と伝えた。

 4月に金正恩氏が立ち会う中で発射実験を実施した「新型戦術誘導兵器」など、核弾頭の搭載が可能な短距離ミサイルの運用と関連があると推測される。

 (2022年6月23日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。