Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪FRB議長の景気後退発言受け≫

 韓国通貨ウォンが対ドルで下落している。23日のソウル外国為替市場で、ウォンは前日比1.7ウォン安の1ドル=1299.0ウォンで寄り付き、すぐに1ドル=1300ウォンを突破した。ウォンが対ドルで1300ウォン台となるのは2009年7月以来、およそ13年ぶり。

 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が22日の米議会での証言で急速な利上げによる景気後退の可能性を認めたことで、安全資産を好む心理が強まった。

 (2022年6月23日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。