Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪約14年ぶりの3カ月連続赤字≫

 韓国産業通商資源部は1日、上半期(1~6月)の輸出額は前年同期比15.6%増の3503億ドル(約47兆2500億円)、輸入額は26.2%増の3606億ドルだったと発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は103億の赤字。

 半期ベースの赤字額では過去最大だった1996年下半期(125億5000万ドル)を下回ったものの、上半期としては97年(91億6000万ドル)を上回り最大となった。

 エネルギーや原材料などの価格高騰が影響し、輸入額が輸出額を上回った。中でも原油やガスなどエネルギーの輸入額は前年同期より400億ドル以上多い879億ドルとかさみ、貿易赤字の主因となった。

 6月の輸出額は前年同月比5.4%増の577億3000万ドル。6月としては過去最高だった昨年(547億8000万ドル)を上回った。ただ輸入額が19.4%増の602億ドルだったため、貿易収支は24億7000万ドルの赤字となった。赤字は3カ月連続で、リーマン・ショック直前の2008年6~9月以来、約14年ぶり。

 (2022年7月1日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。