Go to Contents Go to Navigation
エンタメ&スポーツ

≪孫とケインが2得点ずつ≫

 サッカーのイングランド・プレミアリーグでアジア人初の得点王に輝いた韓国代表のFW孫興ミン(ソン・フンミン)が所属するトットナムと、韓国プロ・Kリーグの選抜選手による「チームKリーグ」が13日にソウルワールドカップ競技場で対戦し、トットナムが6―3で大勝した。

 後半3分に投入された孫は同23分にPKで得点すると、40分にはチームKリーグの守備の乱れを突き駄目押しゴールを決めた。

 トットナムの相棒、FWハリー・ケインも後半からピッチに立つとミドルシュートとフリーキックで2得点を挙げ、スタジアムに詰め掛けたファンをうならせた。

 (2022年7月14日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。