Go to Contents Go to Navigation
映像

≪投手起用の重要性を考慮≫

 来年3月に米国などで行われる野球の国・地域別対抗戦、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の韓国代表監督をプロ野球KTの李強喆(イ・ガンチョル)監督が務めることが決まった。

 韓国野球委員会(KBO)が21日に代表チームに関する技術委員会を開き決定した。

 KBOは短期決戦のWBCでは投手起用が重要になるため、そのことを念頭に人選を進めたと説明。韓国プロ野球で長く投手コーチを務めた李氏のキャリアを評価した。

 李氏は技術委員会と共に代表チームの第1次候補の選考を行う予定だ。

 (2022年7月22日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。