Go to Contents Go to Navigation
最新映像

≪22日から10日間≫

 韓国国防部は1日、韓国と米国の両軍が今月22日から10日間の予定で実施する合同軍事演習「乙支フリーダムシールド(UFS)」について、危機管理演習、第1部演習、第2部演習の3部構成で行うと国会に報告した。

 危機管理演習では北朝鮮の挑発に対する初動対応と韓米の共同危機管理を訓練する。第1部演習は戦時の体制への転換と、北朝鮮による攻撃の撃退と首都圏防衛の演習とする。第2部演習は首都圏の安全確保を目的とする逆襲と反撃作戦の訓練を行う。

 原子力発電所や半導体工場、空港などの破壊を想定した実動訓練も並行する。

 また国防部は金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)が決定すれば、北朝鮮がいつでも7回目の核実験を実施でき、新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17」の再発射を準備しているとも報告した。

 (2022年8月2日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。