Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪与党国会議員ら60人出迎え≫

 秘書の女性に性的暴行を加えた罪で3年6カ月の実刑判決を受けた韓国の安熙正(アン・ヒジョン)元忠清南道知事が4日午前、刑期を終えて京畿道・驪州の刑務所を出所した。安氏は文在寅(ムン・ジェイン)前大統領の後継者と目されていたが、同事件で2018年に知事を辞任。同年に強制わいせつや業務上威力による姦淫の罪などで在宅起訴され、19年に大法院(最高裁)で3年6カ月の実刑が確定した。

 白いシャツと黒のスーツを身につけた安氏は個人の持ち物を入れた透明のバッグを左手に持ち、出所した。

 刑務所の門を出ると待っていた地元の友人ら約10人と握手し、あいさつを交わした。

 報道陣に頭を下げた後、質問に応じず待機していた車に乗り込んで刑務所を後にした。

 刑務所前では、学生時代の友人として知られる革新系最大野党「共に民主党」の康準鉉(カン・ジュニョン)、金鍾民(キム・ジョンミン)両国会議員ら60人が出迎えた。

 (2022年8月4日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。