Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪改めて受け入れ促す≫

 韓国大統領室は19日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)の妹、金与正(キム・ヨジョン)党副部長が、尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が提案した北朝鮮の非核化措置に合わせて経済支援などを行う「大胆な構想」を非難する談話を出したことに対し、「非常に遺憾だ」として自制を求めた。

 大統領室はこの日、与正氏の談話に対するコメントを発表。「北が大統領を名指しして無礼な発言を続け、われわれの『大胆な構想』を歪曲(わいきょく)して核開発の意思を示したことを非常に遺憾に思う」と表明した。

 続けて、北朝鮮のこのような態度は自らの未来だけでなく、朝鮮半島の平和と繁栄にも決して役に立たず、国際社会で孤立するだけだと指摘。「大胆な構想」によって北朝鮮の非核化と南北関係の発展を追求するという韓国の立場は変わらず、北朝鮮が自重して熟慮することを促すと強調した。

 (2022年8月19日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。