Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪1日に死去のチョン・オクナムさん遺族に弔意≫

 韓国の朴振(パク・ジン)外交部長官が、1日に亡くなった日本による植民地時代の徴用被害者、チョン・オクナムさんの葬儀場を弔問していたことが分かった。

 外交部は4日、朴氏が2日に南西部・光州で徴用被害者の李春植(イ・チュンシク)さん、梁錦徳(ヤン・クムドク)さんとそれぞれ面会した後、チョンさんの葬儀場が設けられた仁川医療院を弔問に訪れ、遺族に深く弔意を表したと明らかにした。

 弔問は計画されたスケジュールにはなかったとされる。

 (2022年9月5日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。