Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪韓米日の合同対潜水艦訓練などに反発か≫

 韓国軍の合同参謀本部によると、北朝鮮は29日午後8時48分から同57分までの間に中部の平安南道・順川付近から朝鮮半島東の東海上に向け2発の短距離弾道ミサイルを発射した。北朝鮮は25日に地対地短距離弾道ミサイル(SRBM)1発を発射。28日にはSRBM2発を発射したばかり。

 韓国軍は監視・警戒を強化するなか、米国と緊密に連携しながら対応体制を維持している。また新たな挑発など万一の場合に備えていると説明した。

 東海では30日に韓米日の3カ国が合同対潜水艦訓練を行う。また29日には訪韓したハリス米副大統領が南北軍事境界線を挟む非武装地帯(DMZ)を視察しており、これらに反発した北朝鮮が武力誇示に乗り出したとみられる。

 北朝鮮は韓国と米国が26~29日に東海で実施した合同演習終了直後の夜間に弾道ミサイルを発射したことから、軍当局は韓米の備えを探る意図もあると判断している。

 (2022年9月30日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。