Go to Contents Go to Navigation
映像

≪「朝鮮半島東側の水域」とも≫

 米海軍の太平洋艦隊が自国軍の活動を伝える最近のニュースで、朝鮮半島東側の東海を「日本海(Sea of Japan)」でなく、「東海(East Sea)」または「朝鮮半島東側の水域(WATERS EAST OF THE KOREAN PENINSULA)」と表記したことが3日(現地時間)、確認された。

 太平洋艦隊のホームページは9月28日付のニュースで、韓米日の3カ国が同月30日から共同実施する対潜水艦訓練計画を取り上げた。ニュースの発信地は「朝鮮半島東側の水域(WATERS EAST OF THE KOREAN PENINSULA)」と記した。

 太平洋艦隊はその2日前、韓国海軍と米海軍による訓練実施を伝える26日付のニュースでも、訓練場所を「東海(East Sea)」と表記した。

 米国防総省はこれまで東海を「日本海」と表記している。

 米海軍は米政府の公式な指針に従って地名を表記している。太平洋艦隊の今回の「朝鮮半島東側の水域」「東海」表記に関しては、政府の指針が変更されたというよりは、米海軍が訓練相手の韓国海軍に配慮した表現との見方が強い。

 (2022年10月4日、聯合ニュース)

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。