Go to Contents Go to Navigation
映像

≪日本の亀井聖矢さんと共に≫

 若手演奏家の登竜門として知られるロン・ティボー国際音楽コンクール(ピアノ部門)の最終選考が13日、フランス・パリで行われ、韓国のイ・ヒョクさん(22)が日本の亀井聖矢さんと共に1位となった。

 1943年創設の同コンクールで、韓国人ピアニストが1位となるのは2001年の林東赫(イム・ドンヒョク)さん以来。

 イ・ヒョクさんは昨年10月のショパン国際・ピアノコンクールでは韓国人で唯一、本選(ファイナル)に進出した。2012年にロシアのモスクワで開かれたユース・ショパンコンクールでは優勝と最優秀演奏者に輝いている。

 (2022年11月14日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。