Go to Contents Go to Navigation
北朝鮮

≪外相の非難談話発表直後に≫

 韓国軍合同参謀本部は17日、北朝鮮が同日午前10時48分ごろ、東部の江原道・元山付近から朝鮮半島東の東海に向けて短距離弾道ミサイル1発を発射したと発表した。

 軍当局はミサイルの速度や飛行距離、高度などを分析するとともに、監視と警戒を強めるなど対応態勢を維持している。北朝鮮が弾道ミサイルを発射するのは9日以来、8日ぶり。

 ミサイル発射は北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外相が談話を発表した直後に行われた。崔氏は談話で、韓米日首脳が先ごろ北朝鮮の核・ミサイル脅威を抑止するため米国の核戦力などで同盟国を守る「拡大抑止」の強化で合意したことを非難し、軍事的対応を取る可能性を示唆した。

 北朝鮮は今月初めに短距離弾道ミサイルだけでなく「火星17」と推定される大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射するなど挑発を続けている。

 (2022年11月17日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。