Go to Contents Go to Navigation
映像

≪24日の初戦出場に「青信号」≫

 眼窩(がんか)骨折のため手術を受けたサッカー韓国代表主将の孫興ミン(ソン・フンミン、英トットナム)が21日(日本時間)、ワールドカップ(W杯)カタール大会初戦を前に、現地でヘディングを試した。24日の初戦のウルグアイ戦出場に「青信号」がともったようだ。

 フェースガードを着けて練習に参加している孫はチームメートが高く蹴り上げたボールに頭を合わせ、カタール入り後初めてヘディングした。その後も再びヘディングを試した。

 1次リーグH組の韓国は24日午後10時(日本時間)から初戦のウルグアイ戦に臨む。

 (2022年11月22日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。