Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪物流ストで≫

 韓国労働組合の全国組織、全国民主労働組合総連盟(民主労総)の公共運輸労組貨物連帯本部によるストライキにより石油類の輸送に遅れが出ており、全国の給油所21カ所でガソリンや軽油が売り切れとなった。

 ガソリンの売り切れが19カ所、軽油の売り切れは2カ所。地域別ではソウル市が17カ所、京畿道が3カ所、仁川市が1カ所。

 産業通商資源部は29日時点で全国の給油所の在庫はガソリンが8日分、軽油が10日分程度とみており、12時間以内に石油類供給に向けた可能な手段を総動員するとの方針を示している。

 同部はガソリン・軽油が売り切れとなった給油所に関する情報を30日から韓国石油公社の価格情報サイト「オピネット」で公表するほか、各種地図サービスで在庫のない給油所の情報が表示されないようにする計画だ。

 (2022年11月30日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。